ツインシェード

お部屋の雰囲気を変えたい・・・とお考えなら
ウィンドウトリートメントを新しく変えられるのはいかがでしょうか。
たとえば、カーテンをシェードにされるのはどうでしょう。

 

ロールスクリーンほどシンプルな感じはありませんが、
選ばれる生地によっては、様々な表情が出るので
かなり印象的なウィンドウトリートメント(窓回り)になります。
シェードには折り目のところにバーが入るシャープシェードと
写真上部のようにバーが入らず、
生地のみで折りたたまれるプレーンシェードがあります。
シャープシェードはその名の通り、
折り目がしっかりと折られていくので、
スッキリとした印象です。
プレーンシェードはバーが入らない分、
折り目の生地が柔らかく重なっていくので、
生地自体の表情が楽しめます。
上の写真は、川島織物セルコン様のサンプルカタログを検討中のところ・・・
レースを手前部屋側にするツインシェードで
左下のレースと、右下のベースを組み合わせるのもよさそうです。
ベースの生地にどんなカラーを選ぶかによっても、
印象はかなり変わりますが、
プレーンのツインシェードなら、折り目に生地の質感がふわっと出るので、
柔らかくエレガントなイメージになりますね。
お部屋の雰囲気を変えたいときには、
ドレープカーテンなどから変えてみるのもお勧めですね(^^)